Subscribe via RSS Feed tettori Google+
2014年 08月 9日

gitを使ったnvmセットアップと複数バージョンのnode.jsインストール及びその切替え方法のご紹介


Nvm

node.jsはバージョンによって使えないモジュールがあったりする為、状況によって最新版ではない特定のバージョンを使いたくなる事があります。今回はそのバージョン違いのnode.jsを手軽に管理できるnvm(node version manager)のインストール方法をご紹介致します。

  1. 事前に準備しておく事
  2. nvmのインストール手順
  3. nvmの主なコマンド
  4. 動作確認
  5. nvmとnode.jsをターミナルの起動と同時に有効化する
  6. 動画で確認
  7. もっと詳しく知りたい方へ
インストーラを使ってnode.jsをインストールしたい方
今回はnvmによるバージョン別node.jsのインストールガイドですが、複数バージョンの使い分け不要で、かつ最新バージョンのみのインストールでよければ、インストーラを使う方法もあります。その方法については、以前テットリで記事をかかせて頂いていますので、こちらが参考になるかと思います。
5分で終了。node.jsの環境構築が拍子抜けするほど簡単だったのでサンプルプログラム付きでまとめてみました【Mac編】
Tettori 開発者向け。国内・海外から旬な情報をお届けします:テットリ Top News Designer Developer Other About 2013年 04月 10日 5分で終了。no …

事前に準備しておく事

インストール方法はいくつかありますが、今回はgitを使ってインストールを行いますので事前にgitのセットアップを済ませておいてください。

テットリでもインストール手順を紹介しておりますので、よろしければどうぞ。
gitインストールを1分で済ませる【Mac編】
gitインストールを1分で済ませる【Mac編】 今やノンプログラマーの間でも使われ始めているバージョン管理システムのgitですが、今回はインストーラーを使わず、コマンドで簡単にインストールで …

nvmのインストール手順

  1. ターミナルを起動し、以下のコマンドを順に実行します
  2. gitがインストールされているか確認(バージョンが表示されればokです)
    git –version
  3. gitを使ってnvmインストール
    git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
  4. nvmを有効化します
    source ~/.nvm/nvm.sh
  5. nvmの有効化について

    nvmは有効化する事でコマンドを使用することができるようになり、nvmを使ってインストールするnode.jsもまたnvmの有効/無効に影響されます。nvmはターミナルを終了すると自動的に無効化されてしまう為、ターミナル起動時に自動的に有効化するように設定しておくと良いでしょう。有効化の方法は下記「nvmとnode.jsをターミナルの起動と同時に有効化する」をご覧ください。

    sponsored link

nvmの主なコマンド

  • バージョン指定でnode.jsをインストールして有効化
    nvm install v0.10.24
  • 0.10.x系最新バージョンのnode.jsをインストールして有効化
    nvm install 0.10
  • 0.x系最新バージョンのnode.jsをインストールして有効化
    nvm install 0
  • 現在のバージョンを確認
    nvm current
  • インストール可能なnode.jsのバージョン一覧
    nvm ls-remote
  • インストール済node.jsのバージョン一覧
    nvm ls
  • バージョンを0.x系に切り替えて有効化
    nvm use 0.10
  • myApp.jsをバージョンを0.10.24を使って実行
    nvm run 0.10.24 myApp.js
  • nvm実行時にバージョンを指定してnode.jsを有効化
    nvm alias default 0.10.24

動作確認

  • nvmのバージョン確認
    nvm –version
  • nvmで有効化したnode.jsのバージョン確認(nvm currentでも確認できますが、ここではnode.jsのコマンドで確認しています)
    node -v

nvmとnode.jsをターミナルの起動と同時に有効化する

オフィシャルサイトでも紹介されていますが、
~/.bashrc
~/.profile
~/.zshrc
のいずれかのファイルにnvm有効化コマンド
source ~/.nvm/nvm.sh
を加えることで、ターミナル起動時に自動的にnvmを有効化する事ができます。

もしくは、nvmと一緒にnode.jsも有効化したい場合は、
source ~/.nvm/nvm.sh
nvm use 0.11
の2行を加える事で、ターミナル起動と同時にnvmとnode.jsを使うことができるようになります。

動画で確認

一連の手順をこちらの動画で確認できます。

いかがでしたでしょうか

node.jsはリモートサーバへインストールしてwebサーバとして活用する以外に、ローカルサーバへインストールし、Sass,LessやTypeScript,coffee script等のコンパイラと連携して使われることもあります。テットリでは今後もnode.jsの活用例をたっぷりご紹介してまいります!

もしよろしければfacebookページのフォローをお願い致します!

もっと詳しく知りたい方へ

nvmの本家サイトです
creationix/nvm | Github
Node Version Manager – Simple bash script to manage multiple active node.js versions
インストーラでnode.jsをインストールしたい方向け
5分で終了。node.jsの環境構築が拍子抜けするほど簡単だったのでサンプルプログラム付きでまとめてみました【Mac編】
Tettori 開発者向け。国内・海外から旬な情報をお届けします:テットリ Top News Designer Developer Other About 2013年 04月 10日 5分で終了。no …


RSS登録はこちらからどうぞ

テットリでは主に開発者向けの情報を国内外から集めてまとめ記事にしたり、作成したお役立ちツール、たまに海外(現在ベルリン在住)での奮闘記なども公開していきます。

sponsored link

Filed in: 開発系 • Tags: ,